業務負担を軽減できる飲食POSレジの導入がおすすめ

飲食店のレジ

タブレットを使用する飲食POSレジなら席に固定されない

スマート決済

飲食POSレジによるエントリーオーダー方式かつセルフオーダーにメリットを感じているものの、客席に端末が固定されてしまうことに問題を感じていませんか?団体客が入ってもオーダー用の端末が1台や2台しか配置できない、逆に個々の席に端末があまり効果的な運用ができないという問題があるのであれば、タブレットを使用する飲食POSレジを導入しましょう。
現在では、飲食POSレジも市販のタブレットを使用するものが主流になりつつあり、客席に専用端末を固定する必要がありません。タブレットなら持ち運びも自由、必要な台数を貸し出すだけで済みます。また、客席に固定される原因となっていた、オーダー情報の連結も飲食POSレジではタッチ操作で行うことができます。複数ある客席のオーダーを纏めることができ、オーダー端末を手軽に増やすことができます。また、タブレットが使用できずに余ってしまうというコストパフォーマンスの悪さもありません。タブレットなら自由に持ち運びができ、目の届きに難い個室のオーダーも細かく把握することができます。また、これまでオーダー端末が足りずにメニュー出数が少ない、お客さんからの不満が出ているなどの問題がある場合なら根本の問題を解決できます。また、混雑時の相席対応も行うことができるなど、飲食POSレジで客席の効率的な運用も可能になります。

飲食POSレジで営業終了後の事務作業から解放される

飲食店オーナーや店長の方、営業終了後の事務作業に悩まされていませんか?売上集計やその日に請求された経費の精算、現金精算やスタッフの労務時間管理など営業終了後の事務作業が負担となることも少なくはありません。深夜遅くまで営業し、直ぐにでも帰宅できるように改善を図るのであれば、飲食POSレジを導入するのがおすすめです。最新の飲食POSレジは初期投資とランニングコストを抑えて業務改善が可能です。
飲食POSレジの強みはエントリーオーダー方式にあり、売上集計はオーダー情報が入力された時点でリアルタイム集計がされます。そのため、伝票からその日の集計作業を行う必要がありません。現金の入金も同様であり、精算情報はオーダー情報に結び付きレジ締めを行うだけで現金残高が確定します。経費も同様であり、飲食POSレジは会計ソフトと連携できる機能もあり、請求情報を入力するだけで仕訳処理も行ってくれます。そのため、後から会計ソフトに入力するといったこともなくなります。また、スタッフの労務管理もでき、タイムカード機能もあるため給与計算も飲食POSレジで行うことができます。スタッフが打刻した時間もシステムが自動集計するため、営業終了後に集計に悩むこともありません。飲食POSレジで営業終了後の業務を減らしてしまいましょう。

飲食POSレジなら状況に合わせて指示を追加できる

飲食店といっても形態は様々であり、レストランや居酒屋など騒がしい場所もあれば、静かで落ち着いた場所もあります。どのような場所でも求められるのは状況に合ったサービスの提供です。ホール主導で指示を行うことは、コース料理などを提供する飲食店ならお客さんに合ったサービスを提供できるようになり、飲食POSレジの導入はサービス品質を向上できるようになります。
飲食POSレジは、オーダー情報がキッチンへリアルタイムで共有されるだけでなく、順番やタイミングが求められるコース料理など指示をタブレットからお客さんに見られずに行うことができます。テーブルの状況に合わせてホール全体を管理するスタッフがキッチンへ指示できるため、料理や飲み物を適切なタイミングで届けることができます。また、一つのタブレットでフロア全体を把握することもでき、飲食POSレジを利用することでフロアを何度も歩き回る必要がありません。キッチンから提供されたメニューがどのタイミングで届いたか、お客さんが食べきる前に次を提供できるようになるなどを細かく指示できます。そのほかにも、後から到着するお客さんに対しても料理や飲み物を温かいもしくは冷たい状態で提供できるようにもなります。ホールスタッフからキッチンから見えない情報が得られる飲食POSレジでサービス品質を向上しましょう。

このように飲食店経営の負担を軽くしてくれる飲食POSレジをあなたのお店でも導入してみませんか?【ワンレジ】なら、簡単操作で難しい設定も必要ないので簡単に導入できます。

スマートフォンやタブレットでも飲食POSレジが導入できる

飲食POSレジは、管理端末やキャッシュドロア、プリンターなどを含めるとある程度のスペースが必要なものと考えていませんか?キッチンカーなど移動して調理販売できる店舗に導入で着ないと考えている場合でも、最新の飲食POSレジなら問題がありません。スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールするだけであり、狭くス…

お客さんごとの個別会計にも対応できる飲食POSレジ

飲食店において意外に負担となるのがお客さんごとの個別会計です。オーダーを受ける際には、テーブルでまとめるものの、レジで精算する際に一人一人食べたものを分けるのは時間がかかるだけでなく、精算ミスという問題も生じます。また、レジの打ち間違いを生じさせるリスクも伴います。しかし、飲食POSレジを導入することで解決するこ…

飲食POSレジ導入は働き方改革の必須条件

飲食POSレジは会計の際に必要な情報を記録することができます。お客様が注文した商品、来店日時、お客様の年齢層や性別など、1日の中で「どんな」お客様が「どの」時間帯に「何を」求めて来店したかをまとめて確認することができます。これらの情報をまとめることによって何が見えてくるかというと、お店の中で必要と…

お店に飲食POSレジを導入すれば安心

スーパーやコンビニなどではほとんどの店舗でPOSレジを導入しています。POSレジのメリットとしては、会計を迅速に行うことができることや、ミスが減ること、万が一お金の受け渡しで間違いがあった時でも、確認・修正や返金処理などをスムーズにできるという点があります。飲食店でも、飲食POSレジの導入が一般化していま…

NEWS

2020年06月09日
お店に飲食POSレジを導入すれば安心を更新しました。
2020年06月09日
飲食POSレジ導入は働き方改革の必須条件を更新しました。
2020年06月09日
お客さんごとの個別会計にも対応できる飲食POSレジを更新しました。
2020年06月09日
スマートフォンやタブレットでも飲食POSレジが導入できるを更新しました。