業務負担を軽減できる飲食POSレジの導入がおすすめ

飲食店のレジ

お客さんごとの個別会計にも対応できる飲食POSレジ

飲食店において意外に負担となるのがお客さんごとの個別会計です。オーダーを受ける際には、テーブルでまとめるものの、レジで精算する際に一人一人食べたものを分けるのは時間がかかるだけでなく、精算ミスという問題も生じます。また、レジの打ち間違いを生じさせるリスクも伴います。しかし、飲食POSレジを導入することで解決することが可能です。
飲食POSレジの機能には、お客さんごとの個別会計を行える機能も備わっており、精算に使われるデータはテーブルでオーダーを受けたものです。伝票からレジを打ち直しする必要もなく、精算対象を絞り込み生産を行うことができます。精算済みのものは消されていくため、残りのオーダー情報が分かり易くなります。トータル金額の整合性も確認することができ、飲食POSレジを利用することで個別会計で現金相違が生じることを防げます。また、スタッフのミスだけでなく、精算時に申告制をとっている場合、意図的に申告されないという不正も未然に防止することができます。個別会計機能を利用することでレジで時間がかかり、お昼の繁忙時間帯に精算が滞り問題になってしまうこともなくなります。そのほかにも、居酒屋などにおいてもオーダーを一人一人しっかりと分けたいというニーズにも対応でき、お客さんのスマートフォンをオーダー端末にできる飲食POSレジを導入することで、より確実な個別会計も実現できます。

スマートフォンやタブレットでも飲食POSレジが導入できる

飲食POSレジは、管理端末やキャッシュドロア、プリンターなどを含めるとある程度のスペースが必要なものと考えていませんか?キッチンカーなど移動して調理販売できる店舗に導入で着ないと考えている場合でも、最新の飲食POSレジなら問題がありません。スマートフォンやタブレットに専用アプリをインストールするだけであり、狭くス…

お客さんごとの個別会計にも対応できる飲食POSレジ

飲食店において意外に負担となるのがお客さんごとの個別会計です。オーダーを受ける際には、テーブルでまとめるものの、レジで精算する際に一人一人食べたものを分けるのは時間がかかるだけでなく、精算ミスという問題も生じます。また、レジの打ち間違いを生じさせるリスクも伴います。しかし、飲食POSレジを導入することで解決するこ…

飲食POSレジ導入は働き方改革の必須条件

飲食POSレジは会計の際に必要な情報を記録することができます。お客様が注文した商品、来店日時、お客様の年齢層や性別など、1日の中で「どんな」お客様が「どの」時間帯に「何を」求めて来店したかをまとめて確認することができます。これらの情報をまとめることによって何が見えてくるかというと、お店の中で必要と…

お店に飲食POSレジを導入すれば安心

スーパーやコンビニなどではほとんどの店舗でPOSレジを導入しています。POSレジのメリットとしては、会計を迅速に行うことができることや、ミスが減ること、万が一お金の受け渡しで間違いがあった時でも、確認・修正や返金処理などをスムーズにできるという点があります。飲食店でも、飲食POSレジの導入が一般化していま…

NEWS

2020年06月09日
お店に飲食POSレジを導入すれば安心を更新しました。
2020年06月09日
飲食POSレジ導入は働き方改革の必須条件を更新しました。
2020年06月09日
お客さんごとの個別会計にも対応できる飲食POSレジを更新しました。
2020年06月09日
スマートフォンやタブレットでも飲食POSレジが導入できるを更新しました。